1. HOME
  2. ブログ
  3. 肺口臭コラム
  4. 肺口臭の原因と対策
  5. 便秘で口臭がする肺口臭®

Column

コラム

肺口臭の原因と対策

便秘で口臭がする肺口臭®

胃から口臭はしない

胃から口臭はしない

「私の口臭は胃のせいだ」と言われる方も多いのですが、実は胃から口臭は出ません。なぜなら、呼吸を24時間しているため、口とつながっているのは「肺」だからです。食事で飲み込む時だけ、弁が開いて口と胃がつながります。他にもゲップの時に胃から空気が出ますが、これが臭いので、タブレットはもともと「ゲップ用」として開発されたのです。

胃から口臭はしない

腸の悪臭ガスが口から出る

テレビCMで胃からキレイな息が出ている映像が流れますが、よく考えたら、胃で呼吸していません。もし、体内から臭うのであれば、肺から臭いのです。腸の悪臭ガスが血液に乗って全身をめぐり、肺で呼気になって口から出ます。

腸の悪臭ガスが口から出る

いいの製薬が日本で初めて「肺口臭®」と名付けました

肺口臭の商標

便秘の口臭の対策は?

食事の種類と量

悪臭ガスの原因となる食べ物(臭いの強い物、消化に悪い物)を避け、食物繊維や乳酸菌など腸の調子が良くなる食事をとりましょう。もちろん、食べすぎやアルコールなどの過剰摂取などで腸の消化活動に負担をかけないようにしましょう。

年とともに、代謝が落ちているにも関わらず、若いころと同じ量を食べていると腸に負担がかかります。運動をするなどして、代謝と食事の量のバランスを取りましょう。

排便

便秘のままだと腸内での腐敗がすすみ、悪臭ガスが発生します。スムーズに便を出すのが理想ですが、外食や旅行などで調子がおかしくなるケースが多いです。最近は旅行する機会が減っていますが、友人と旅行した際に、同じ部屋のトイレを使うと臭いが気になって遠慮してしまう、また、バイキングで食べ放題食べてしまう、など排便には適さない環境になります。

コロナでの自粛期間が過ぎた時に、我慢していた反動で旅行に行かれる方が多いと思われます。出かける前から腸の調子を整えることが、楽しい旅行のためには必須です。

薬の副作用で消化管疾患が起こることも

薬の副作用で、腹痛・下痢・出血が起こることがあります。例えば、抗がん剤で腸粘膜がダメージを受けることも。しかし、薬の使用は医師から必要があって処方されていますので、自己判断で中止したり再開したりしないように、しっかり担当医に相談しましょう。

関連記事