1. HOME
  2. ブログ
  3. 通販トラブルを減らそう
  4. 芸能人を守れ!サプリメントなど健康食品の広告塔で法律違反に巻き込まれないためのチェックリスト期間限定で贈呈

Column

コラム

通販トラブルを減らそう

芸能人を守れ!サプリメントなど健康食品の広告塔で法律違反に巻き込まれないためのチェックリスト期間限定で贈呈

サプリメントの芸能人起用

【芸能事務所限定】健康食品の広告塔で法律違反に巻き込まれないためのチェックリスト期間限定で贈呈

サプリメントなどの広告に芸能人を登場させることがありますが、サプリメントの販売方法や広告方法で法律違反が頻繁に発生します。
その際には芸能人本人のイメージもリスクにさらされてしまいます。そのリスクを避けるためにどんなことをチェックすれば良いのか?
芸能事務所限定で1月末までにお申し込みの方に詳細なチェックリストを2月中旬にお送りさせていただきます。
応募が多い場合には、抽選で5社限定となります。

応募はこのページの下部にあるフォームからお送りください。
ここでは、お送りするチェックリストの一部を公開します。

健康食品会社は、違反をすると会社を変え、社長を変えてしまうことがあります。

サプリメントなどの広告塔になると、年間契約で200万円~1500万円もの大金がもらえると言われます。
大金の裏にはリスクがあるもので、大きなものは次の3つです。

  1. 薬機法に違反
  2. 景表法に違反
  3. 特定商取引法に違反

ダイエットサプリであれば、やせるとは言えません。
口臭サプリであれば、口臭が無くなるとは言えません。

それを補うための芸能人の広告塔起用ですが、実は法律違反は起こってしまいます。
大切なタレントである所属芸能人を守りたい。
違反を起こしたら風評被害など、イメージ商売なので賠償してもらいたい。

しかし、健康食品会社は危なくなったら会社名を変え、社長を変えて、また同じことを繰り返すケースもあります。
その場合には、賠償してもらえるのでしょうか?旧会社との契約なので責任回避されてしまうかもしれません。

そこで、2つの方法をお勧めします。

芸能人と事務所のリスク回避法1:過去の情報を調べる

法令順守をしない会社は過去に同じようなトラブルを起こしている可能性があります。
役所が公表しているケースもありますので、検索して調べましょう。

芸能人がサプリの広告塔になる

健康食品会社の評判、過去の商品のトラブルを調べる

法律違反すると会社名や商品名が公表されてしまうケースがあるため、広告塔になった芸能人は風評被害のリスクがあります。
契約前に、健康食品会社の過去の違反事例を調べてください。「会社名+違反」「会社名+訴訟」「会社名+詐欺」などです。
また、過去の商品で法律違反をしていることもあるので、同じように調べましょう。
「商品名+違反」「商品名+訴訟」「商品名+詐欺」などです。
(※+はスペースを空けてくださいという意味です。)

過去のトラブルを調べるテクニック~PDFで検索しよう~

役所から発表される法律違反のデータは「PDF」という形式が多いです。
よって、先ほどの検索をする際に、「PDF」というキーワードを追加してみましょう。
「会社名+違反+PDF」「商品名+違反+PDF」等です。
(※+はスペースを空けてくださいという意味です。)

このように事前にどのような会社なのかが判断できますので、何度も違反している会社は注意しましょう。
特に、違反を受けて会社名を変更している場合には注意してください。

 

芸能人と事務所のリスク回避法2:役所のチェックを受ける

公的な機関に事前にチェック、また事後も定期的にチェックしてもらいましょう。
健康食品会社は「大丈夫」としかいいませんが、判断するのは役所です。

芸能人のサプリ広告塔は薬務課に相談

薬務課に事前にチェックしてもらう

  1. 事前に、健康食品会社から「広告」「ランディングページ」「ショッピングカートの遷移画面」「解約に関する情報」を提出してもらいます。主に違反するのはその分野だからです。
    【広告】:効果効能を記載していないか。治るなど。
    【ランディングページ】:同じく、効果効能を表現していないか。
    【ショッピングカートの遷移画面】:500円だけで購入できると勘違いさせていないか。
    【解約に関する情報】:実質的には解約が困難で消費者に不利になっていないか。
  2. それを印刷して、健康食品会社の担当者と一緒に薬務課の窓口で相談します。薬務課でなく他の役所に回されることもあります。
    もし、役所に一緒に行くことを嫌がるようであれば、その時点で警戒しましょう。

スタートした後が重要!定期的にチェックをしてもらう

掲載がスタートすると、アフィリエイターが活動します。アフィリエイターが作成するランディングページは、薬機法を違反したものが多くなります。
体への効果をはっきり書いたほうが売れて、手数料が入るからです。

  1. 商品名で検索して表示される広告を印刷します。
  2. クリックした後に表示されるランディングページを印刷します。(特にページ内に「PR」がついて契約している会社名が出ている場合には薬機法違反になる可能性が高いです)
  3. 健康食品の担当者と一緒に薬務課にチェックしてもらいます。

 

いいの製薬の法令順守の取り組み

  1. 初回500円などで勘違いさせて定期購入させる初回激安商法の廃止
    (主なトラブルの原因を事前に廃止)
  2. 定期しばりがある商品の場合には、カートの最終確認画面で総額表示を徹底
    (最終確認して、それでもお申込みした方だけに発送)
  3. 解約は電話だけでなく、フォームやメールなどあらゆる方法で受付
    (解約を電話だけにする不誠実な業界慣例に従わない)
  4. 間違えて購入してしまった人は、発送前に申し出があれば、すぐにキャンセル可能
    (注文メールが届いたあとで、電話・メールなどで申し出が間に合えば止めます)
  5. 返品を必要以上にハードルを高くして消費者の不利益にすることはしない
    (明らかに返品を防止するためだけの条件はつけない)
  6. その他、何か消費者と行き違いがあれば誠実に対応する。
    (それでもお互いに勘違いやミスは発生するので、その都度誠実に対応する)

今後も、良い通販会社を目指して、改善を行います。

送信フォーム

芸能事務所限定で1月末までにお申し込みの方に詳細なチェックリストを2月中旬にPDFファイルをメールにてお送りさせていただきます。
応募が多い場合には、抽選で5社限定となります。当選は発送をもって代えさせて頂きます。

関連記事